プロフィール
fobook
fobook
Fabulous OLD BOOK
〒650-0011 神戸市中央区下山手通4-1-19 西阪ビル4F
※地図&アクセスはこちら
078-327-7883
水曜定休 13:00~19:00
2017年3月22日(水)・29日(水) 4月5日(水)・12日(水)・19日(水)・26日(水)休業予定
http://www.fobook.com/
(1)ショップブログ
(2)商品ブログ
(3)スタッフ雑記
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

絵本 J.P. Miller : I am a Bear

2010年12月31日

人気のイラストレーターJ.P. Miller さん連続でご紹介いたします。







jpbe70ra.
I am a Bear : J.P. Miller
1967年(1970年2刷り目) 表紙 カラー 中のページ カラー カバーなし
30.5cm×16.5cm 24p ¥8,800 + Tax


小熊のクリストファーが、森の中を旅しながら動物達に出合うお話を描いたお話。英語版は貴重本になっています。

状態 : 最初の見開きページ、左のメッセージ欄に、以前の所有者宛に書かれたメッセージがありますが、大きなダメージなどは無く、比較的良い状態です。

通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※ 掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。
  

Posted by fobook at 18:58絵本 (J)

絵本 John E. Johnson What Dark?

2010年12月28日

昼間とはまた違った世界が夜に広がるのです。





joda71b.
What’s in The Dark ? : John E. Johnson
1971年
サイズ19cm×25.5cm 36p ¥1,800 + Tax


夜に眠る動物達や、夜中に働く人達など、夜をテーマに描いた作品です。

状態 : カバーなし、外観はフルカラーイラスト、最初の見開きページ
綴じ糸近くに補修があり、1ページ約9cmの破れを補修した痕がある他、耳折れページが1ページ、薄い折れがあるページが1ページあります。タイトルページの前の白紙ページに書き込みがあります。

ジョン・ジョンソン
1929年5月14日マサチューセッツ州ウスター生まれ。幼少期はペンシルバニア州のバークスカントリーで育ち、ヒィラデルヒィア美術大学で学ぶ。スウェーデン出身の両親の間に生まれ、子供の頃の学校では、ペンシルベニアダッチ(ドイツ系ペンシルバニア人)が多かったようで、英語を話す事が出来ずに、独りで遊ぶ事が多かったようで、犬と遊びながら絵を描いて、楽しんでいたようです。美術学校を卒業後、2年間兵役に就いた後、ニューヨークの小さなグリーティング・カード会社で7年間働き、その会社も大きくなり、楽しみながら仕事をしていたようです。1961年から絵を描く為にフリーで仕事を行うようになり、24冊の本のイラストを描き、McCalls や Woman's Dayなどの雑誌の宣伝広告なども描いていたようです。最初の仕事であったグリーティング・カード会社での経験が、後の仕事にも役立ったようです。

通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※ 掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。
  

Posted by fobook at 03:51絵本 (J)

絵本 Ed Renfro : Princess

2010年12月27日

いつの時代でも眠れない悩みを、人間は抱えているのかな?





edgw65a.
Gwinellen The Princess who could not sleep : Ed Renfro
1965年
サイズ26cm×20cm 30p ¥3,000 + Tax


眠らないお姫様と王国を描いたお話です。

状態 : カバーなし、背表紙と表紙の分かれ目部分に亀裂がありますが、中のページも含めて、良い状態です。

エド・レンフロ
1960年代~1970年代に掛けて、幾つかの絵本作品を描いているようで、絵本以外には、タイム誌やライフ誌などの有名雑誌のイラストなども手掛けているようです。ニューヨークやロサンゼルス、サンフランシスコなどのアート・ディレクター・ショウで、表彰されているようです。ニュージャージーで家族と共に暮らしていたようです。

通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※ 掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。
  

Posted by fobook at 03:08絵本 (E)

絵本 Juel Krisvoy : Around World

2010年12月25日

80日間世界一周が、名作として人気があったので、こういう作品も作られたのかな?





juar73b.
Around The World with my red Balloon : Juel Krisvoy
1973年
サイズ21cm×28cm 24p ¥3,000 + Tax


赤い風船に乗って、世界を旅する少年と少女を描いた作品です。

状態 : カバーなし、外観はフルカラーイラスト、4角に摩れがあり、最後の見開きページ綴じ糸近くに剥がれのようなダメージがあります。

ジュエル・クリスヴォイ
1960年代~1980年代初期に掛けて、幾つかの作品を描いている方のようですが、詳細は不明です。

通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※ 掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。
  

Posted by fobook at 02:18絵本 (J)

絵本 Helen Sewell : Once There

2010年12月24日

雑誌『MOE』でご紹介いただいた以外にも、クリスマス絵本はたくさんあります。
有名イラストレーターのクリスマス作品もご紹介いたしますね。
今回は、ヘレン・スーウェルさんです。





heon46a.
Once There Was A Little Boy : Helen Sewell
1946年
24cm×19cm 66p
SOLD OUT

イエス・キリストの子供の頃を描いた作品です。

状態 : カバー付き、カバー背表紙上下などに少し欠けて無くなっている部分があります。最初の見開き左ページに、以前の所有者に宛てたメッセージが書かれている他は、大きなダメージも無く、綺麗な状態です。

ヘレン・スーウェル(シュエル)
1896年にカリフォリニアのメア・アイランドで生まれる。海軍中佐であった父の仕事の関係で、5歳のときにグアム島に移り、2年間を過ごした。その後、両親と姉を事故で亡くしてしまい、二人の幼い姉妹は、ブルックリンの叔父に引き取られ育っていく。12歳のときからプラット学院の絵のクラスに通い、16歳のときプラット学院に入学して、アルキペンコの塾でも学びながら、生活の為に、クリスマス・カードやグリーティング・カードのデザインの仕事をした。1932年からローラ・ワイルダーの[Little House in Big Wood]などの挿絵を描いていた。彼女がイラストレートした本は全部で70冊くらいあるが、技法も絵のスタイルもそれぞれ異なった思考を凝らして作品を活かしている。1957年にニューヨークで他界している。

通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※ 掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。
  

Posted by fobook at 00:20絵本 (H)

絵本 Blair Lent : Christmas Sky

2010年12月23日

雑誌『MOE』でご紹介いただいた以外にも、クリスマス絵本はたくさんあります。
有名イラストレーターのクリスマス作品もご紹介いたしますね。
今回は、ブレア・レントさんです。





blsk66aL.
The Christmas Sky : Blair Lent
1946年
23cm×19.5cm 47p ¥4,800 + Tax


キリストの誕生に。贈り物を届ける賢者達を描いた作品です。

状態 : カバー付き、最後の見開きページに貸し出し用ポケットが付いており、剥し痕があります。図書館スタンプが押されているページありますが、比較的良い状態です。図書館が所蔵していた本です。

ブレア・レント

1930年1月22日マサチューセッツ州ボストン生まれ。幼少期もマサチューセッツで育つ。ボストンミュージアムスクールやヨーロッパで学ぶ。
最初に描いた絵本は、「chocolate rabbit」という本らしく、13歳の時にイースターのプレゼントとして、両親に贈ったようである。1954年に奨学金を受け、イタリアとスイスで学び、アメリカの戻った後に、銀行のポスターや、缶詰ラベルのデザインなどを行っていたようですが、やがて最初の絵本作品である「Pistachio」を出版する。1973年に「The Funny Little Woman」で、コルデコット賞を受賞し、The WaveやWhy The Sun and The Moon Live in The Skyがコルデコット次点作品に選ばれている他、Tiki Tiki Temboが、ニューヨーク・タイムズ選定年間最優秀児童図書の50冊などに選ばれています。素晴らしいウッドカット作品なども残し、2009年1月27日マサチューセッツ州メッドフォードで、肺炎の為、79歳で他界しています。

通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※ 掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。  

Posted by fobook at 04:21絵本 (B)

絵本 Leo Politi : PEDRO

2010年12月20日

雑誌『MOE』でご紹介いただいた以外にも、クリスマス絵本はたくさんあります。
有名イラストレーターのクリスマス作品もご紹介いたしますね。
今回は、レオ・ポリティさんです。






lepe46raL.
PEDRO : Leo Politi
1946年(1960年代再販と思われます。)
20.5cm×17cm 27p
¥5,800 + Tax


ロサンゼルスに暮らすスパニッシュ系アメリカンのクリスマスを描いたお話です。

状態 : カバー付き、最後の見開きページに貸し出し用ポケットが付いており、図書館スタンプが押されているページや、薄い染みページなどがありますが、比較的良い状態です。図書館が所蔵していた本です。

レオ・ポリティ
1908年11月21日カリフォルニア州フレズノ出身。幼少期もそこで育つ。アート・インスティチュートやイタリアのミラノ近くにある。モンツァにあるロイヤル・パレスなどで学ぶ。7歳の時に家族と共にイタリアのミラノに移り住む。初めて、イタリアの学校に行った時に、母親にアメリカで買って貰ったネイティブ・アメリカンの酋長のコスチュームを着て行ったら、他の子供達に注目されすぎて、先生から、その服で学校には来ないようにとの、
注意をされたエピソードなどもあるようで、かなり、子供の頃から個性的であったと思われます。イタリアではピノキオが一番のお気に入りの本であったようです。15歳の時に奨学金を得て、ミラノの近くにあるモンツァにある美術学校、ロイヤル・パレス・モンツァで学ぶ、イタリアでは教会と美術館の芸術品に興味を持っていたようです。1年間ロンドンの学校へ通った後にアメリカに戻り、ラテン・アメリカ文化の影響を受け、メキシコ系アメリカ人の作品を多く手掛けたようです。1950年に「つばめのうた」でコルデコット賞を受賞クリスチャン系の絵本を多く描いている彼は、
1960年にカトリック図書館教会からレジャイナ・メダルを受賞しています。フレズノ公共図書館など公共事業などにも貢献したようで、ロサンゼルスには、Leo Politi Elementary Schoolという彼の名前が付いた小学校も存在するようです。1996年カリフォルニア州フレズノで他界しています。

通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※ 掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。
  

Posted by fobook at 23:41絵本 (L)

絵本 Leonard Weisgard : Elephant

2010年12月19日

雑誌『MOE』でご紹介いただいた以外にも、クリスマス絵本はたくさんあります。
有名イラストレーターのクリスマス作品もご紹介いたしますね。
今回は、レオナード・ワイスガードさんです。





lewi62a.
Baby Elephant and The Secret Wishes : Leonard Weisgard
1962年
18cm×15.5cm 42p ¥4,800 + Tax


ワイスガードさんの子象を描いたシリーズ作品から、クリスマスをテーマにしたお話です。

状態 : カバー付き、目立つダメージなどは無く、綺麗な状態です。

(Leonard Joseph Weisgard )
レオナード・ワイスガード
1916年12月13日コネチカット州のニューへブンで生まれ。ニューヨークのブルックリンにある、プラット・インスティテュートで学んだ後、The New Yorker誌などの挿絵の仕事や、デザイナーとしては、ハムのラベルやマッチ箱のカバー、ステージのセットやコスチューム、マーシー百貨店の壁などのデザインをしていたようである。1947年に[The Little Island]でコルデコット賞を受賞し、アメリカグラフィックアート協会やイラストレーター協会からもいくつか、受賞している。約200点にものぼる本の挿絵を描いている彼の作品は世界中で認められ、冷戦中であったロシア、ポーランドを含めた東ヨーロッパでも博物館に展示され注目を集めたようである。1969年にデンマークのコペンハーゲンに移り住み、2000年1月14日デンマークで他界しています。

通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※ 掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。
  

Posted by fobook at 00:01絵本 (L)

絵本 Ludwig Bemelmans : Hansi

2010年12月17日

雑誌『MOE』でご紹介いただいた以外にも、クリスマス絵本はたくさんあります。
有名イラストレーターのクリスマス作品もご紹介いたしますね。
今回は、ルドウィッヒ・ベーメルマンスさんです。










luna37rb.
Hansi : Ludwig Bemelmans
1934年(1937年再販 2刷り目)
31cm×23cm 63p
¥9,800 + Tax


チロル地方の山の中でクリスマスを過ごした。街の子ハンシを描いたお話です。
※古い版はサイズも大きくインパクトがあります。

状態 : カバーなし、表紙右端なども含め、染み痕があります。


ルドウィッヒ・ベーメルマンス
1898年4月27日オーストリア、チロル地方のメラノで生まれる。父は画家であったが、とても成功したとは言えない人物であったようだ。両親が離婚すると、裕福であったビール醸造業を営んでいた母の祖父に引き取られる。問題児であった彼は公立学校から私立学校に転校させられるが、そこも中退してしまい、ホテルのチェーンを経営している叔父にあずけられ、ホテルの仕事を見習いから始めるが、そこでもいろいろな問題を起こし、裁判沙汰にまで発展してしまう。感化院に送られるか、国外追放かのどちらかを選ばなくてならなくなった状況に、彼も叔父と同様に、国外追放のアメリカ行きを決定し、1914年に叔父がニューヨークの有名ホテルの支配人に宛てた沢山の紹介状を持って渡米した。ホテルでの仕事を何とかこなしながら、好きな絵も習ったりしていたようだが、彼自身は、そこからは何も得るものは見つからなかったようである。1917年にアメリカも戦争に参戦する事が決定すると、彼は志願して陸軍に入隊する。しかし、前線には送られず、ジョージアのキャンプに送られたようである。このときの経験から彼は、「合衆国と私の戦い」という本を書いたようである。その後、除隊した後、ニューヨークに帰り、アメリカ人として帰化している。1925年に共同経営していたイーストサイドのレストランの壁に彼独特の絵を描いたり、音楽家のスタジオ装飾や本の挿絵、ブロードウェ-の舞台装置などの仕事もしている。彼は自分の住んでいたアパートの部屋の窓やカーテン、壁などに故郷の風景や風物を描いていたのだが、それを見た編集者の女性に、才能を認められた事が絵本の世界に入るきっかけになったようである。1943年に初めて[Hansi(山のクリスマス)]を出版してから、[Quite Express]、[MADELINE(元気なマドレーヌ)]などの作品を手がけ、ベーメルバニアというファン達の期待にそった作品をおおく出版している。中でも人形などにもなり世界中で人気者のキャラクターであるマドレーヌは、彼が自動車事故で入院していた隣の病室にいた、盲腸の手術をした女の子がイメージ・キャラクターであるらしい。またマドレーヌ=マデリンという妻の名前をフランス語読みしたようである。彼は1954年に[MADELINE’S RESCUE(マドレーヌと犬)]という作品でコルデコット賞を受賞している。この作品のヒントは近所に住んでいた、小さな姉妹に貰ったようである。彼は1962年10月1日、ニューヨークで64歳のときに他界している。

通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※ 掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。
  

Posted by fobook at 01:37絵本 (L)

絵本 Alice Martin Provensen Noel

2010年12月15日

雑誌『MOE』でご紹介いただいた以外にも、クリスマス絵本はたくさんあります。
有名イラストレーターのクリスマス作品もご紹介いたしますね。
今回は、ロジャー・デュボアザンさんです。





alno59a.
The First Noel : Alice & Martin Provensen

1959年
23.5cm×13cm 24p
SOLD OUT


Provensen 夫妻の作品で、キリストの誕生など、
初期のクリスマスシーンを描いた絵本です。

状態 : カバーなし、外観のビニールコーティングが剥がれている部分がありますが、中のページも含めて良い状態です。

アリス&マーティン・プロベンセン

マーティン・プロベンセン
1916年6月10日イリノイ州シカゴ生まれ。幼少期はシカゴ、ニューヨーク、ボストン、ワシントン・D.C、カリフォルニアで育つ。カリフォルニア大学ロサンゼルス校で学ぶ。卒業後にウォルト・ディズニ-・スタジオに勤める。1987年3月27日にニューヨークのスターツバーグで他界した。

アリス・プロベンセン
1918年8月14日イリノイ州シカゴ生まれ。幼少期もシカゴで育つ。シカゴのアート・インスティテュート校やニューヨークのアート・スユーデンツ・リーグ校、カリフォルニア大学ロサンゼルス校などで学ぶ。卒業後にウッディ・ウッドペッカーなどを製作していたウォルター・ランツ・スタジオに勤める。

同じ大学と美術学校(シカゴのアート・インスティテュート校二人ともに奨学金を得ている)学んでいたようですが、
二人が出会いについては、夫のマーチンが5年間、ウォルト・ディズニ-の「ファンタジア」「ダンボ」などの製作に従事しているとき出合ったという説と、1943年にマーティンがアメリカ軍用の練習用フィルムをウォルター・ランツ・スタジオから受けた時にという説があります。1944年に結婚して、ワシントンD.Cからニューヨークへ。友人であったグスタフ・テングレンさんの紹介で、1947年にニューヨークの出版社から、彼らの最初のイラストが入った作品「The Fireside Book of Folk Songs」を出版する。彼らの作品は、アメリカ・グラフィック・アーツ協会のアート・ショーにも登場し、ニューヨーク・タイムズが選ぶ年間ベスト10の子供の本にも選ばれている他、1982年に「A Visit to William Blake's Inn」がコルデコット賞次点作品に選ばれ、1984年に「The Glorious Flight」でコルデコット賞を受賞しています。アーサー・ラッカム、エドモンド・デュラク、ハワード・パイルなどがお気に入りのイラストレーターであったようです。絵本以外で有名な仕事としては、ケロッグ社のトラのマスコット、「トニー・ザ・タイガー」も彼らのデザインしたキャラクターのようです。「私たちの職業は、絵を描く事です。私たちの道楽も、絵を描く事です。私たちの熱中する事も、絵を描く事です。それ以外に、私たちの関心といえば、いっそう上手に描く事だけです。」と書き残しています。

通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※ 掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。  

Posted by fobook at 10:34絵本 A&M Provensen

絵本 Roger Duvoisin : ARK

2010年12月12日

雑誌『MOE』でご紹介いただいた以外にも、クリスマス絵本はたくさんあります。
有名イラストレーターのクリスマス作品もご紹介いたしますね。
今回は、ロジャー・デュボアザンさんです。





rora66rbL.
A FOR THE ARK : Roger Duvoisin

1952年(1966年再販)
27cm×21.5cm 34p
SOLD OUT

ノアの箱舟と生き物を描いたアルファベット絵本です。

状態 : カバーなし、4角に摩れがあり、最初と最後の見開きページに剥し痕があり、スタンプが押されています。薄い染みが2ページにあります。図書館が所蔵していた本です。

ロジャー・デュボアザン
1904年8月28日にスイスのジュネーブで生まれ。幼少期はスイスで育つ。幼少の頃から絵が好きで、特に動物を描くのが好きであったようである。音楽を習い始めた彼は、やがて、ジュネーブ音楽院に入学する。しかし、陶芸画家に成る事を望んでいた彼は、装飾美術の学校に入って、壁画と舞台美術を学んだ。学校を卒業すると、ジュネーブ歌劇団の舞台装置の仕事をしたり、壁画、ポスター、イラストレーションを描いたりしていたようである。その後、叔父の紹介で背景画家の仕事をフランスの映画会社で始める予定であったが、パリに着いた彼は3日もしないうちに飽きてしまい、映画会社にはいかずにパリを出てフォルネの陶器工場の支配人になったが、トラブルに巻き込まれた為、リヨンにある織物デザイン工房で、監督として働いた後、パリでアメリカ大手のシルク・カンパニーの社長に認められ、1920年代後半に妻のルイズと共にニューヨークに渡り、織物のデザイナーとして働く事となった。1930年代初期に初めて書かれた彼の作品は、自分達の子供の為に書いたものを、そのまま出版社に持ち込んだもので、1933年に出版された[Donkey-Donkey(ロバのロバちゃん)]などは、動物好きな彼の表現がよく出ている作品である。他にも[The Happy Lion(ごきげんなライオン)]シリーズ、[PETUNIA(がちょうのペチューニア)]シリーズ、[Veronica(かばのベロニカ)]シリーズなどの動物を主人公にした、彼のシリーズ作品は彼の魅力を存分に発揮している。 1948年には[White Snow Bright Snow(白い雪・明るい雪)]でコルデコット賞を受賞し、他にもおおくの作品で賞を受けている。彼が挿絵を描いた本は130冊くらいあり、とても全部を語り尽くす事は出来ないが、アメリカ絵本界に彼の存在が無かったならば、ぽっかりと空洞が出来てしまうのでは?という感じがしてならない。「動物は昔から人間の象徴として使われて来た」、「子供の為の絵本を作るのは、子供と一緒に遊ぶようなものだ」などと、語っている彼からは、絵本に対する気持ちが素直に出ているようである。1980年に他界しています。

通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※ 掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。  

Posted by fobook at 00:00絵本 (R)

絵本 Roger Cuvoisn : Cake

2010年12月09日

雑誌『MOE』でご紹介いただいた以外にも、クリスマス絵本はたくさんあります。
有名イラストレーターのクリスマス作品もご紹介いたしますね。
今回は、ロジャー・デュボアザンさんです。







roca41b.
The Christmas Cake in Search of It’s Owner : Roger Duvoisin
1941年
12cm×16.5cm 27p¥5,800 + Tax

豪華な飾り付けをしたクリスマスのケーキとピーター少年を描いたお話です。

状態 : カバーなし、4角に摩れがあり、背表紙上部と最初と最後の見開きページにテープで補強がされています。数ページ鉛筆でなぞられたような痕があります。

ロジャー・デュボアザン
1904年8月28日にスイスのジュネーブで生まれ。幼少期はスイスで育つ。幼少の頃から絵が好きで、特に動物を描くのが好きであったようである。音楽を習い始めた彼は、やがて、ジュネーブ音楽院に入学する。しかし、陶芸画家に成る事を望んでいた彼は、装飾美術の学校に入って、壁画と舞台美術を学んだ。学校を卒業すると、ジュネーブ歌劇団の舞台装置の仕事をしたり、壁画、ポスター、イラストレーションを描いたりしていたようである。その後、叔父の紹介で背景画家の仕事をフランスの映画会社で始める予定であったが、パリに着いた彼は3日もしないうちに飽きてしまい、映画会社にはいかずにパリを出てフォルネの陶器工場の支配人になったが、トラブルに巻き込まれた為、リヨンにある織物デザイン工房で、監督として働いた後、パリでアメリカ大手のシルク・カンパニーの社長に認められ、1920年代後半に妻のルイズと共にニューヨークに渡り、織物のデザイナーとして働く事となった。1930年代初期に初めて書かれた彼の作品は、自分達の子供の為に書いたものを、そのまま出版社に持ち込んだもので、1933年に出版された[Donkey-Donkey(ロバのロバちゃん)]などは、動物好きな彼の表現がよく出ている作品である。他にも[The Happy Lion(ごきげんなライオン)]シリーズ、[PETUNIA(がちょうのペチューニア)]シリーズ、[Veronica(かばのベロニカ)]シリーズなどの動物を主人公にした、彼のシリーズ作品は彼の魅力を存分に発揮している。 1948年には[White Snow Bright Snow(白い雪・明るい雪)]でコルデコット賞を受賞し、他にもおおくの作品で賞を受けている。彼が挿絵を描いた本は130冊くらいあり、とても全部を語り尽くす事は出来ないが、アメリカ絵本界に彼の存在が無かったならば、ぽっかりと空洞が出来てしまうのでは?という感じがしてならない。「動物は昔から人間の象徴として使われて来た」、「子供の為の絵本を作るのは、子供と一緒に遊ぶようなものだ」などと、語っている彼からは、絵本に対する気持ちが素直に出ているようである。1980年に他界しています。

通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※ 掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。  

Posted by fobook at 23:55絵本 (R)

絵本 Barbara Cooney : Barn

2010年12月08日

MOEでご紹介して頂いた絵本以外絵本で、有名イラストレーターのクリスマス作品もご紹介いたします。





baba52raL.
Christmas in the Barn : Barbara Cooney

1952年(1970年代以降の再販)
18cm×20.5cm 30p ON HOLD


馬小屋で生まれたイエス・キリストの誕生を描いた作品です。

状態 : カバー付き、最初の見開きページに図書館の貸し出し用ポケットが付いており、小さな染みなどがありますが、大きなダメージなどはありません。図書館が所蔵していた本です。

バーバラ・クーニー
1917年8月6日ニューヨークのブルックリン生まれ。幼少期はロングアイランドで育つ。グレイト・ネック・プレパラトリースクールやブライアックリフ・スクール、スミス大学、アート・スチューデンツ・リーグニュヨーク校などで学ぶ。画家であった母の影響からか、幼い頃から絵を描くのが好きであったようだ。1942年に結婚し移り住んだマサチューセッツ州のニューイングランド風の大きな屋敷には高い木々と、広々とした花壇と菜園があり、彼女が使う色彩の中でも春を連想させるグリーンや夕日のようなオレンジは他には観る事が出来ない色彩を醸し出している。本当のアメリカ絵本黄金期にコルデコット賞をいくつか受賞している理由にはこの色彩感覚の豊かさが大きいと思われる。コルデコット賞作品も多く受賞し、2000年3月10日メーン州のダマリスコッタで他界しています。

通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※ 掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。
  

Posted by fobook at 00:11絵本 (C)

絵本 Mary Blair : Song Book

2010年12月05日

絵本の専門雑誌「MOE」のクリスマス特集で掲載された絵本をご紹介いたします。








maso55rb
The New Golden Song Book : Mary Blair
1955年 再販の表記はありませんが、恐らく初期の再販と思われます。
32cm×25.5cm 92p SOLD OUT


クリスマス作品と言う訳ではないのですが、MOEのクリスマス楽譜本特集で紹介してされました。マザーグースやクリスマスの歌など、72曲の楽譜とイラストが描かれています。

状態 : カバーなし、薄い染みがあるページが4ページありますが、比較的良い状態です。

マリー(メアリー)・ブレア
1911年11月21日オクラホマ州マカレスター生まれ。サンノゼ州立大学やロサンゼルスのシェイナード・アート・インスティチュートで学ぶ。
ウォルト・ディズニーの作品にも多数参加している事も有名で、イッツ・ア・スモール・ワールド、不思議の国のアリス、ピーターパン、シンデレラなども彼女の個性あるイラストを初期作品に見る事が出来ます。絵本作品は数冊を描いていますが、絵本以外にも、グリーティングカードやテキスタイル・デザインなどの分野でも作品を残し、1978年7月26日に他界しています。

通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※ 掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。
  

Posted by fobook at 10:56絵本 (M)

絵本 Virginia Kahl : Christmas

2010年12月04日

絵本の専門雑誌「MOE」のクリスマス特集で掲載された絵本をご紹介いたします。







バージニア・ケールさんサイン入り↓

タイトルページ左側に以前の所有者宛のメッセージとサインが書かれています。


vibo72a.
Gunhilde's Coristmas Booke : Virginia Kahl
1972年
26cm×21cm 32p ¥12,800 + Tax

※サイン本

バージニア・ケールさんの作品で、デュークと13人の娘達が船でたどり着いたお城で、
行われたクリスマスパーティーを描いた作品。貴重なサイン本での入荷です。

状態 : カバー付き、カバーに少し破れがありますが、中のページも含め、綺麗な状態です。

バージニア・カール(ケール)経歴

1919年にウィスコンシン州のミルウォーキーで生まれる。ミルウォーキー・ダウナー・カレッジで美術を学んだ後、ウィスコンシン大で図書館学を学んだ。ミルウォーキー公共図書館でライブラリ-アシスタントやデザイナーとして働いていたが、1948年に軍の図書館員として、戦後のベルリンに渡っている。その数ヶ月後に、オーストリアに転属となり、6年間をザルツブルグで過ごした。この間、ヨーロッパの殆どの国を旅して廻ったようだが、彼女のお気に入りはザルツブルグだったようである。「山にかこまれたこの美しい町の中心にある小高い丘の上には、千年も経た古いお城がある。いつも8月になると、大きな音楽祭が開かれ、街は陽気な音楽でいっぱいになる。私が自分の絵本に取り入れたかったのは、このユーモアを持った明るさや、ロマネスク、初期のゴシック・アートに表現されている素朴さだったのです。私はこれから、子供の本の文章や、絵を描き始めたのです。」と、彼女は語っている。彼女の作品は中世を舞台にしているものが多く見られるが、オーストリアで過ごしたときの影響が大きいようである。1954年に初めて彼女が手がけた、[Away Went WOLFGANG!(ウルフガングは出かけた)]などにも、
中世ヨーロッパの古き良き時代を彼女はユーモアを交えながら表現している。「楽しい本を書いて、描く事が出来るというのは、作者自信も楽しんでいるのです。私はもともと図書館員なのですから、自分を画家と呼ぶのはどうかと思うのですが、」と、彼女の人柄をこの言葉からも感じ取る事が出来る。

通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※ 掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。
  

Posted by fobook at 00:24絵本 (V)
最近の記事
このページの上へ▲