プロフィール
fobook
fobook
Fabulous OLD BOOK
〒650-0011 神戸市中央区下山手通4-1-19 西阪ビル4F
※地図&アクセスはこちら
078-327-7883
水曜定休 13:00~19:00
2017年3月22日(水)・29日(水) 4月5日(水)・12日(水)・19日(水)・26日(水)休業予定
http://www.fobook.com/
(1)ショップブログ
(2)商品ブログ
(3)スタッフ雑記
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
※カテゴリー別のRSSです

絵本 Rosemay Wells : Dan McGrew & Sam McGee

2017年04月08日

キャラクター作品で知られているイラストレーターでも、初期作品を見ると、後の作品とは全く違った複雑なイラストを描いている事もあり、凄さを感じます。










suda69aL
Dan McGrew & Sam McGee : Rosemay Wells

著者 Robert W. Service
1969年
23cm ×17cm 48p ¥5 ,800 + Tax

イギリス生まれの詩人ロバート・サーヴィスが書いた「ダン・マックグルと酒場での出来ごと」と「クリスマスの日に雪の中を行くサム・マギー」の2つの作品に、ローズマリー ウェルズさんがイラストを描いた作品です。

状態 : カバーなし、最初と最後の見返しページスタンプが押されており、貸し出し用ポケットが付いています。タイトルページにスタンプが押されていますが、中のページは比較的良い状態です。図書館が所有していた本です。

ローズマリー ウェルズ
1943年1月29日ニューヨーク生まれ。ボストン・ミュージアム・スクールなどで学ぶ。19歳の時に結婚し、学校を離れた後、出版の仕事に就く、アート・エディターやデザイナーとして活躍している他、画家、作家などの肩書を持っているようです。日本でも有名な、うさぎのマックスシリーズや、ねこのヨーコなどの有名キャラクターも手掛けています。ノイジー・ノラ児童評議会賞やエドガー・アラン・ポー賞、ボストングローブホーンブック賞などを受賞しているようです。

通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。
  

Posted by fobook at 01:52絵本 (R)

絵本 Roger Duvoisin : THE HAPPY LION

2017年04月02日

ディボアザンさんの作品は、奥さんのルイーズさんとの共同作品も魅力的ですね、ロングセラーの人気シリーズには理由がある気がします。











roli54raL
THE HAPPY LION : Roger Duvoisin

著者 Louise Fatio
1954年(1960年代再販)
25cm ×21cm 26p ¥5 ,800 + Tax

ディボアザンさんの人気シリーズ幸せなライオン1作目、動物園の檻から街へ出かけるライオンを描いたお話です。
日本では福音館さんのロングセラー「ごきげんならいおん」として知られています。

状態 : カバー付き、最初と最後の見返しページに剥がし痕があり、貸し出し用ポケットが付いています。タイトルページと中のページにスタンプが押されており、薄い汚れがありますが、破れなどのダメージはありません。図書館が所有していた本です。
最初の見返しページに剥がし痕があり、スタンプが押されていますが。中のページは比較的良い状態です。図書館が所有していた本です。

ロジャー・デュボアザン ( Roger Antoine Duvoisin )
1904年8月28日にスイスのジュネーブで生まれ。幼少期はスイスとフランスで育つ。ジュネーヴのモデルヌ大学や、装飾美術学校、パリ美術学校などで学ぶ。建築家であった父親や芸術家の親戚などの影響を受け、幼少の頃から絵を描き、7歳で音楽を学び始め、後に美術学校に通うようになったようです。幼少の頃から絵が好きで、特に動物を描くのが好きであったようです。音楽を習い始めた彼は、やがて、ジュネーブ音楽院に入学する。しかし、陶芸画家に成る事を望んでいた彼は、装飾美術の学校に入って、壁画と舞台美術を学んだ。学校を卒業すると、ジュネーブ歌劇団の舞台装置の仕事をしたり、壁画、ポスター、イラストレーションを描いたりしていたようです。その後、叔父の紹介で背景画家の仕事をフランスの映画会社で始める予定であったが、パリに着いた彼は3日もしないうちに飽きてしまい、映画会社にはいかずにパリを出てフォルネの陶器工場の支配人になったが、トラブルに巻き込まれた為、リヨンにある織物デザイン工房で、監督として働いた後、パリでアメリカ大手のシルク・カンパニーの社長に認められ、1920年代後半に妻のルイズと共にニューヨークに渡り、織物のデザイナーとして働く事となった。1930年代初期に初めての2人の作品は、自分達の子供の為に書いたものを、そのまま出版社に持ち込んだもので、1933年に出版された[Donkey-Donkey(ロバのロバちゃん)]などは、動物好きな彼の表現がよく出ている作品のように感じます。他にも[The Happy Lion(ごきげんなライオン)]シリーズ、[PETUNIA(がちょうのペチューニア)]シリーズ、[Veronica(かばのベロニカ)]シリーズなどの動物を主人公にした、彼のシリーズ作品は彼の魅力を存分に発揮している。 1948年には[White Snow Bright Snow(白い雪・明るい雪)]でコルデコット賞を受賞し、他にもおおくの作品で賞を受けています。彼が挿絵を描いた本は130冊くらいあり、とても全部を語り尽くす事は出来ないが、アメリカ絵本界に彼の存在が無かったならば、ぽっかりと空洞が出来てしまうのでは?という感じがしてならない。「動物は昔から人間の象徴として使われて来た」、「子供の為の絵本を作るのは、子供と一緒に遊ぶようなものだ」などと、語っている彼からは、絵本に対する気持ちが素直に出ているようである。1980年に他界しています。

通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。
  

Posted by fobook at 02:07絵本 (R)

絵本 Roger Duvoisin : DAY and NIGHT

2017年03月31日

アメリカ絵本のイラストレーターを代表する人物の一人ですね。アメリカ絵本はこうでなくてはいけません !











roda60raL
DAY and NIGHT : Roger Duvoisin

著者 Roger Duvoisin
1960年(1970年代再販)
26cm ×20cm 34p ¥5 ,800 + Tax

夜に活動するフクロウのナイトと昼に活動する犬のデイが一緒の時間を過ごそうとするお話を描いた作品です。

状態 : カバーなし、4角に少し摩れがあり、最初の見返しページに剥がし痕があり、スタンプが押されていますが。中のページは比較的良い状態です。図書館が所有していた本です。

ロジャー・デュボアザン ( Roger Antoine Duvoisin )
1904年8月28日にスイスのジュネーブで生まれ。幼少期はスイスとフランスで育つ。ジュネーヴのモデルヌ大学や、装飾美術学校、パリ美術学校などで学ぶ。建築家であった父親や芸術家の親戚などの影響を受け、幼少の頃から絵を描き、7歳で音楽を学び始め、後に美術学校に通うようになったようです。幼少の頃から絵が好きで、特に動物を描くのが好きであったようです。音楽を習い始めた彼は、やがて、ジュネーブ音楽院に入学する。しかし、陶芸画家に成る事を望んでいた彼は、装飾美術の学校に入って、壁画と舞台美術を学んだ。学校を卒業すると、ジュネーブ歌劇団の舞台装置の仕事をしたり、壁画、ポスター、イラストレーションを描いたりしていたようです。その後、叔父の紹介で背景画家の仕事をフランスの映画会社で始める予定であったが、パリに着いた彼は3日もしないうちに飽きてしまい、映画会社にはいかずにパリを出てフォルネの陶器工場の支配人になったが、トラブルに巻き込まれた為、リヨンにある織物デザイン工房で、監督として働いた後、パリでアメリカ大手のシルク・カンパニーの社長に認められ、1920年代後半に妻のルイズと共にニューヨークに渡り、織物のデザイナーとして働く事となった。1930年代初期に初めての2人の作品は、自分達の子供の為に書いたものを、そのまま出版社に持ち込んだもので、1933年に出版された[Donkey-Donkey(ロバのロバちゃん)]などは、動物好きな彼の表現がよく出ている作品のように感じます。他にも[The Happy Lion(ごきげんなライオン)]シリーズ、[PETUNIA(がちょうのペチューニア)]シリーズ、[Veronica(かばのベロニカ)]シリーズなどの動物を主人公にした、彼のシリーズ作品は彼の魅力を存分に発揮している。 1948年には[White Snow Bright Snow(白い雪・明るい雪)]でコルデコット賞を受賞し、他にもおおくの作品で賞を受けています。彼が挿絵を描いた本は130冊くらいあり、とても全部を語り尽くす事は出来ないが、アメリカ絵本界に彼の存在が無かったならば、ぽっかりと空洞が出来てしまうのでは?という感じがしてならない。「動物は昔から人間の象徴として使われて来た」、「子供の為の絵本を作るのは、子供と一緒に遊ぶようなものだ」などと、語っている彼からは、絵本に対する気持ちが素直に出ているようである。1980年に他界しています。

通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。
  

Posted by fobook at 00:19絵本 (R)

絵本 Robert McCloskey : One Mornig in Maine

2017年03月29日

あまり沢山の色彩を使わなくても、これだけの豊かさを表現出来るマクロスキーさんのイラストの凄さは素晴らしいですね~。











roon67rcL
One Mornig in Maine : Robert McCloskey

著者 Robert McCloskey
1952年(1967年再販)
30cm ×23cm 64p ¥5 ,800 + Tax

サリー(サル愛称)とその家族の海辺でのひと時を描いた古き良きアメリカを感じるお話です。

状態 : カバー付き、カバー部分に破れが目立ちます。最初と最後の見返しページに剥がし痕があり、スタンプが押されています。中のページに破れがあり、クリアテープでの補修などが目立ちます。図書館が所有していた本です。

ロバート・マクロスキー
1914年9月19日オハイオのミルトンに生まれ。幼少期もそこで育つ。ボストンのヴェスパー・ジョージスクールやニューヨークのナショナル・アカデミー・オブ・デザインなどで学ぶ。子供の頃から機械いじりや楽器の演奏などが得意だった彼は、高校時代には、近くのYMCAで少年たちに、ハーモニカや模型飛行機作りなども教えていたようです。高校卒業後、奨学金を得て、ボストンにのヴェスパー・ジョージスクールで学び、ニューヨークのナショナル・アカデミーで絵画とデザインを3年間学び、夏の間は、アメリカの有名画家ジェリー・ファーンズワーフの下で働いていたようです。ビルに彫刻をしたのが最初の仕事で、 1940年にニューヨークに戻り、彼の最初の絵本「Lentil」を描く、バイキング社の編集者に認められた作品「Lentil」が出版される。そして、ボストンの美術学校で偶然彼が見た「かもの親子の行列の光景」を絵本にしたのが「Make Way for Duckling(かもさんおとおり)」であり、1942年のコルデコット賞を受賞しています。1948年~1949年ローマに渡り、ガラスと大理石のモザイク技術などを学び、1958年には「Time of Wonderすばらしいとき」で2度目のコルデコット賞を受賞しています。メキシコにも何度か旅行し、彼の作品のインスピレーションを得たようです。ルース・ソーヤーの娘であるマーガレット・デュランと結婚し、2人の娘と共に、メイン州とニューヨークで暮らしたようです。2003年6月30日メイン州のディアアイルで他界しています。
「Make Way for Duckling」こそはアメリカ絵本の本当の豊かさを伝えている絵本であり、その時代のアメリカが見事に写し出されている。彼の作品には何かゆったりとした時間が流れているような作品が多く見られるが、彼自信の生活自体や彼の気持ちが絵本に現れているのではないかと思われる。他にも彼は、カトリック図書協会から子供達の本の為に貢献したとして、ジャイナ・メダルが授与されています。ボストンにあるパブリック・ガーデンには、「かもさんおとおり」の絵本を記念して作られた。親子の鴨が連なって歩く銅像が飾られています。

通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。
  

Posted by fobook at 02:14絵本 (R)

絵本 Robert A. Jones : I rode the black horse

2017年03月26日

詩の本にイラストを描くのは難しいと思いますが、イラストレーターの違いで、詩の印象もだいぶ変わって感じるのではないでしょうか?











roro60aL
I rode the black horse : Robert A. Jones

著者 Ivy O. Eastwick
1960年
19cm ×13cm 63p ¥5 ,800 + Tax

3匹の馬や月やバレンタインにハロウィーンなど、季節に合わせた沢山の詩にイラストを描いた作品です。

状態 : カバー付き、カバー上下に少し黒い汚れがあり、最初と最後の見返しページに剥がし痕があり、スタンプが押されています。コピーライトの次のぺージにスタンプが押されており、中のページ1ページ薄い染みあります。図書館が所有していた本です。

ロバート・ジョーンズ
絵本作品以外にも、サタデー・イブニングポストやマッコール、レッドブック、グッドハウスキーピングなどの有名雑誌にイラストを描いており、イラストレーター協会からも受賞を受けているようです。

通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。
  

Posted by fobook at 02:09絵本 (R)

絵本 Robert Sargent : THE SMALL SEABIRD

2017年03月24日

アメリカ出身でもヨーロッパで学んだイラストレーターの作品は、特徴があって興味が湧きますね~。











rose67bL
THE SMALL SEABIRD : Robert Sargent

著者 Robert Sargent
1967年
26cm ×19cm 28p ¥5 ,800 + Tax

山の中まで風に飛ばされてしまった。若い海鳥を描いた作品です。

状態 : カバーなし、4角に少し摩れがあり、最初と最後の見返しページに剥がし痕があり、スタンプが押されています。1ページに約2cmの破れがあり、数ページにボールペンで線が描かれています。図書館が所有していた本です。

ロバート・サージャント
1933年バーモント州生まれ。リベラル・アーツやバーモントの美術学校などで学んでいる他、パリでも美術を学んでいるようです。パリ、コペンハーゲン、ヘルシンキ、ウィーン、チューリヒ、ローマ、マドリッドなどで9年間仕事をしていたようです。スウェーデンのテレビ局で彼の作品とクラシック音楽を合わせた番組が放映され、ヨーロッパでも人気を得たようです。自らもアーティストではあるのですが、おとぎ話のテレビ番組なども担当しており、北欧やドイツ、スイスなどの若手アーティストを発掘してる方の様です。1965年にはアメリカに戻り、絵画やイラストレーション、本のイラストなど幅広い分野で活躍したようです。2014年に他界しているようです。

通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。
  

Posted by fobook at 00:14絵本 (R)

絵本 Robert L. Anderson : HUBERT

2017年03月22日

アメリカの人気番組で、カウボーイのおじさんの髭を、リスだと思っている女の子のジョークを思い出すのでした。











rohu67rbL
HUBERT : Robert L. Anderson

著者 Wendy Stang & Susan Richards
1967年(1970年以降の再販)
19cm ×19cm 25p ¥5 ,800 + Tax

自分の事を人間の口髭だと思っている。イモムシのハーバートを描いた作品です。

状態 : カバーなし、最初と最後の見返しページにスタンプが押されていますが、中のページは比較的良い状態です。図書館が所有していた本です。

ロバート・アンダーソン
1960年代にイモムシのハーバートやジャックの建てた家、エドワード・ゴーリーの14匹の竜などにイラストを描いている方の様ですが詳細は不明。宇宙物の雑誌などのイラストを描いている方に同じ名前がいるようですが、関係性も不明です。

通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。
  

Posted by fobook at 02:14絵本 (R)

絵本 Robert Bright : HURRAH FOR FREDDIE !

2017年03月16日

兵隊のおもちゃをテーマにした作品って言うのはヨーロッパらしい感じがしますね~。











rohu53bL
HURRAH FOR FREDDIE ! : Robert Bright

著者 Dorothy Brett
1953年
17cm ×24cm 38p ¥5 ,800 + Tax

イギリス女王戴冠の日とマイケル少年と木製の騎手フレディを描いた作品です。

状態 : カバーなし、カバー左上の書き込みがあり、最初と最後の見返しページに書き込みや剥がし痕があり、スタンプが押されています。中のページに数ヶ所書き込みがあります。図書館が所有していた本です。

ロバート・ブライト
1902年8月5日マサチューセッツ州のサンドウィッチ生まれ。幼少期は12歳までドイツのゲッティッンゲンで育ち、サンドウィッチに移り住んだちyです。マサチューセッツ州のブラウニー&ニコルス校やフィリップ学院、プリンストン大学で学ぶ、ドイツではグリム童話ハメルンの笛吹きで有名な町の近くにあるハノーバン大学がある街で過ごしたようで、絵本の仕事をする基になっていると語っています。彼の代表作品とも言える「おばけのジョージ」は、1959年に開かれたブリッセル世界博覧会で、フィルムが制作され、発表されたようです。1988年(または1990年)11月21日に癌の為、サンフランシスコで他界しています。

通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。
  

Posted by fobook at 00:08絵本 (R)

絵本 Ruth Harston, Elyse Larsen : BEADFORD AND THE BURGLAR

2016年08月05日

恐らく写真をコラージュした形で使用していると思われる本ですが、コンピューターが発達する以前は全て手作業で作ったのだろうから大変だったろうな~。











rubr72bL
BEADFORD AND THE BURGLAR : Ruth Harston / Kalee Larsen / Elyse Larsen

著者 Ruth Harston / Kalee Larsen / Elyse Larsen
1972年
18cm ×22cm 46p ¥5,800 + Tax

怪しい男から留守の家を守る賢いネズミを描いた作品です。

状態 : カバーなし、ツルツルした外観の図書館仕様の版です。最初の見返しページにスタンプが押されており、最後の見返しページに剥がし痕があります。タイトルページにスタンプが押されており、書き込みがあります。中のページに1ページ目立つ染み汚れがあります。図書館が所有していた本です。

Ruth Harston
ルース・ハーストン
1972年に出版された「Bradford and the Burglar」というネズミの絵本作品以外には、他に作品があるのか不明です。

Kalee Larsen & Elyse Larsen
カリー& エリス・ラーセン
1972年に出版された「Bradford and the Burglar」というネズミの絵本作品以外には、他に作品があるのか不明です。


通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。
  

Posted by fobook at 01:01絵本 (R)

絵本 Robert Kraus : THE LITTLE GIANT

2016年07月14日

人が大きいと言うのは、体の大きさだけを意味する事では無いって事ですね~。











resp65aL
THE LITTLE GIANT : Robert Kraus

著者 Robert Kraus
1965年
18cm ×13m 32p ¥4,800 + Tax

いろいろな生き物にからかわれていた小さなジャイアントが、自分よりも小さなアリたちのお陰で、立派な巨人になるお話を描いた作品です。

状態 :カバーなし、4角に摩れがあり、背表紙にシールが貼られています。最初と最後の見返しページにスタンプが押されており、マジック線が引かれており、書き込みや貸し出し用ポケットがあります。タイトルページと中のページにスタンプ印をマジック線で消した痕があり、下部に小さな破れがあり、薄い染み汚れなどがあります。図書館が所有していた本です。

ロバート・クラウス
1925年6月21日ウィスコンシン州ミルウォーキー生まれ。幼少期もミルウォーキーで育つ。ミルウォーキーのレイトン・アート・スクールやアート・スチューデンツ・リーグニューヨーク校などで学ぶ。10歳もしくは11歳の時に地元のミルウォーキー・ジャーナルの漫画コンテストで優勝し、毎週、彼の漫画が掲載されたようです。アート・スチューデンツ・リーグに通っていた16歳の時から、雑誌ニューヨーカーに漫画が掲載され、後にサタデー・イヴニング・ポストやコリヤー・マガジンなどにも掲載するようになったようです。雑誌ニューヨーカーで活躍したアーチスト達と共に「Windmill Books」を設立し、アダムズファミリーで有名な、チャス・アダムズやシルベスターと魔法の石のウィリアム・スタイグなどが絵本作品を出版しています。2001年8月7日にコネチカット州で他界しているようです。

通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。
  

Posted by fobook at 09:19絵本 (R)

絵本 Robert Kraus : SPRINGFELLOW’S PARADE

2016年07月11日

自信が無かった事でも、誰かの協力や助言で成功出来ると言う事かな?












resp65aL
SPRINGFELLOW’S PARADE : Robert Kraus

著者 Robert Kraus
1965年
18cm ×13m 32p ¥4,800 + Tax

馬のスプリングフェローとウサギとヒヨコのパレードを描いた作品です。

状態 : カバーなし、最初と最後の見返しページとコピーライトの次のページにスタンプが押されており、18,19ページに薄い汚れがありますが、破れなどのダメージはありません。図書館が所有していた本です。

ロバート・クラウス
1925年6月21日ウィスコンシン州ミルウォーキー生まれ。幼少期もミルウォーキーで育つ。ミルウォーキーのレイトン・アート・スクールやアート・スチューデンツ・リーグニューヨーク校などで学ぶ。10歳もしくは11歳の時に地元のミルウォーキー・ジャーナルの漫画コンテストで優勝し、毎週、彼の漫画が掲載されたようです。アート・スチューデンツ・リーグに通っていた16歳の時から、雑誌ニューヨーカーに漫画が掲載され、後にサタデー・イヴニング・ポストやコリヤー・マガジンなどにも掲載するようになったようです。雑誌ニューヨーカーで活躍したアーチスト達と共に「Windmill Books」を設立し、アダムズファミリーで有名な、チャス・アダムズやシルベスターと魔法の石のウィリアム・スタイグなどが絵本作品を出版しています。2001年8月7日にコネチカット州で他界しているようです。

通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。
  

Posted by fobook at 02:30絵本 (R)

絵本 Roy McKie : Ten Apples Up On Top !

2016年06月11日

アメリカでは一般的なシリーズ絵本ドクター・スースのシリーズですが、文章が進む時のリズム感が伝わり難いのが日本で受け入れ難い理由かも知れませんね~。










rote61b
Ten Apples Up On Top ! : Roy McKie

著者 Theo. Lesieg
1961年(Book Club Edition)
23cm ×17m 63p ¥3,000 + Tax

リンゴを頭にのせたゆかいな動物達を描いたカウンティングブック(数字絵本)です。

状態 : カバーなし、4角に摩れがあり、中のページに1ページ薄い汚れがありますが、他のページは比較的良い状態です。

ロイ(ローイ)・マッキィー
1921年10月8日マサチューセッツ州メッドフォード生まれ。芸術の両親の間で育つ。マサチューセッツ・スクール・オブ・アーツなどで学ぶ。5歳から駅で新聞を売りをし、高校の放課後は缶詰工場や家具工場で働き、クリーム・ソーダの店として知られているハワード・ジョンソンなどで働いていたようです。高校を卒業後に、父親の友人に援助して貰い、マサチューセッツ・スクール・オブ・アーツの土曜学校に通ったようです。1941年に学校を卒業し、ボストンの小さな広告業者で働いていたようですが、ブルース・アンダーソン協会では、アメリカン・エアラインのポスターや冊子の製作などに携わっていたようですが、お世話になったブルース・アンダーソン氏に、漫画の仕事を薦められたようです。結婚後、フィラデルフィアの広告会社「A.W.Ayers」で働き、レオ・レオニなどと知り合ったようです。2015年1月8日に他界しているようです。

通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。
  

Posted by fobook at 02:00絵本 (R)

絵本 Ray Lanterman : What’s My Name I Hawaii ?

2016年05月28日

今でも、日本人にとってハワイは人気の観光地ですが、1960年代のハワイはもっと魅力的だったのではないでしょうか?










raha67bL
What’s My Name I Hawaii ? : Ray Lanterman

著者 Louise Bonner
1967年
21cm ×23m 43p ¥4,800 + Tax

日本からハワイのホノルルに引っ越して来たトシオ君がイングリッシュネームを貰うまでとハワイの子供達を描いた作品です。

状態 : カバー付き、最初と最後の見返しページに剥がし痕がありスタンプが押されており、最初の見返し右ページがカットされています。タイトルページと前のページにスタンプが押されており、マジック線が引かれています。図書館が所有していた本です。

レイ・ランターマン (Raymond E. Lanterman)
1916年5月20日インディアナ州ハワード郡生まれ。シカゴ・アカデミー・オブ・ファイン・アーツなどで学ぶ。父親は科学者兼製図工であったようです。学校を卒業した後、商業美術の仕事を行っていたようですが、軍に入隊し、そのままハワイに定住したようです。ハワイ天文学会やポリネシア航海協会などにも参加していたようです。1994年1月23日にホノルルで他界しているようです。

通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。
  

Posted by fobook at 02:02絵本 (R)

絵本 Ronni Solbert : Favorite Fairy Tales Told in Sweden

2016年03月10日

北欧などヨーロッパでも、日本では知られていない昔話は興味が湧きますね~。











rosw66bL
Favorite Fairy Tales Told in Sweden : Ronni Solbert

著者 Virginia Haviland (スウェーデンの昔話から)
1966年
24cm ×17m 92p ¥4,800 + Tax

ラッドとキツネ、おばあちゃんと魚など、スウェーデンの昔話6話が描かれています。

状態 : カバーなし、4角に少し摩れがあり、最初と最後の見返しページにスタンプが押されており、剥がし痕があり、貸し出し用ポケットが付いています。目次ページなども含め、中のページにスタンプが押されていますが、比較的良い状態です。図書館が所有していた本です。

ロニ(ロニー)・ソルバート (Sonni G. Solbert)
1925年9月7日ワシントン・D.C生まれ。幼少期はシカゴtニューヨークのロチェスターで育つ。ヴァッサー大学やクランブルック芸術学院などで学ぶ。子供の頃からブート・デ・モンヴぇルやアーサー・ラッカム、エドワード・リア、ジョン・リーチ、ヘンリー・アルケン、エドモンド・デュラク、カイ・ニールセンなどが好きであったようで、影響を受けているようです。1952年~1953年に奨学金を得て、インドにも行っているようで、シャンカール国際児童美術コンクールの審査員なども務めていたようです。

通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。
  

Posted by fobook at 00:37絵本 (R)

絵本 Robert Galster : SALT

2016年02月29日

さまざまなテクニックを使って描かれている科学絵本。イラストレーターの技術の凄さを感じる作品もあるのです。











rosa65aL
SALT : Robert Galster

著者 Augusta Goldin
1965年
21cm ×23m 30p ¥4,800 + Tax

塩が出来る仕組みや塩を使った実験などを描いた科学絵本です。

状態 : カバー付き、カバー左端下に剥がし痕があります。最初と最後の見返しページに剥がし痕があり、スタンプが押されています。コピーライトの次のページにスタンプが押されており、マジック線が引かれていますが、中のページは比較的良い状態です。図書館が所有していた本です。

ロバート・ガルスター (Robert Miller Galster)
1928年7月19日イリノイ州ドールビル生まれ。幼少期はイリノイ州とオハイオ州のマンスビルで育つ。パーソンズ・スクール・オブ・デザインニュ^ヨーク校で学ぶ。子供の頃から描く事に興味を持っていたようです。学校を卒業後、兵役に就きカモフラージュ部隊に参加。退役後に、レコードジャケットや本の表紙や挿絵などを描き始めたようです。本の仕事以外には、「Barefoot in the Park」「 Bus Stop 」「 The Odd Couple」などのブロードウェイのポスターなども描いているようです。

通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。
  

Posted by fobook at 02:17絵本 (R)

絵本 Roger Duvoisin : The Web in the Grass

2015年11月23日

科学絵本とストーリー絵本との境目は、判断が難しいところがありますが、この本は中間くらいかな?











rowe72cL
The Web in the Grass : Roger Duvoisin

著者 Berniece Freschet
1972年
26cm ×21m 30p ¥4,800 + Tax

いろいろな生き物たちと蜘蛛の関係や、巣を作るクモの、クモの子が生まれるまでを描いた作品です。

状態 : カバーなし、4角に摩れがあり、表紙に剥げている部分があります。最初の見返しページに書き込みがあり、剥がし痕があります。タイトルにスタンプが押されており、中のページに薄い染み汚れがあります。図書館が所有していた本です。

ロジャー・デュボアザン ( Roger Antoine Duvoisin )
1904年8月28日にスイスのジュネーブで生まれ。幼少期はスイスとフランスで育つ。ジュネーヴのモデルヌ大学や、装飾美術学校、パリ美術学校などで学ぶ。建築家であった父親や芸術家の親戚などの影響を受け、幼少の頃から絵を描き、7歳で音楽を学び始め、後に美術学校に通うようになったようです。幼少の頃から絵が好きで、特に動物を描くのが好きであったようです。音楽を習い始めた彼は、やがて、ジュネーブ音楽院に入学する。しかし、陶芸画家に成る事を望んでいた彼は、装飾美術の学校に入って、壁画と舞台美術を学んだ。学校を卒業すると、ジュネーブ歌劇団の舞台装置の仕事をしたり、壁画、ポスター、イラストレーションを描いたりしていたようです。その後、叔父の紹介で背景画家の仕事をフランスの映画会社で始める予定であったが、パリに着いた彼は3日もしないうちに飽きてしまい、映画会社にはいかずにパリを出てフォルネの陶器工場の支配人になったが、トラブルに巻き込まれた為、リヨンにある織物デザイン工房で、監督として働いた後、パリでアメリカ大手のシルク・カンパニーの社長に認められ、1920年代後半に妻のルイズと共にニューヨークに渡り、織物のデザイナーとして働く事となった。1930年代初期に初めての2人の作品は、自分達の子供の為に書いたものを、そのまま出版社に持ち込んだもので、1933年に出版された[Donkey-Donkey(ロバのロバちゃん)]などは、動物好きな彼の表現がよく出ている作品のように感じます。他にも[The Happy Lion(ごきげんなライオン)]シリーズ、[PETUNIA(がちょうのペチューニア)]シリーズ、[Veronica(かばのベロニカ)]シリーズなどの動物を主人公にした、彼のシリーズ作品は彼の魅力を存分に発揮している。 1948年には[White Snow Bright Snow(白い雪・明るい雪)]でコルデコット賞を受賞し、他にもおおくの作品で賞を受けています。1980年に他界しています。

通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。
  

Posted by fobook at 02:01絵本 (R)

絵本 Roger Duvoisin : The Steam Shovel That Wouldn’t Eat Dirt

2015年11月21日

機械も大切にしてあげなくてはいけないと言う意味かもな~?











rost48bL
The Steam Shovel That Wouldn’t Eat Dirt : Roger Duvoisin

著者 George Walters
1948年
25cm ×20m 28p ¥3,000 + Tax

泥を食べるのが嫌になったスティーブという名前のシャベルカーを描いた作品です。

状態 : カバーなし、ツルツルした図書館仕様の外観です。最初の見返しページに書き込みがあり、中のページに1ページクレヨンでの落書きがあります。図書館が所有していた本です。

ロジャー・デュボアザン ( Roger Antoine Duvoisin )
1904年8月28日にスイスのジュネーブで生まれ。幼少期はスイスとフランスで育つ。ジュネーヴのモデルヌ大学や、装飾美術学校、パリ美術学校などで学ぶ。建築家であった父親や芸術家の親戚などの影響を受け、幼少の頃から絵を描き、7歳で音楽を学び始め、後に美術学校に通うようになったようです。幼少の頃から絵が好きで、特に動物を描くのが好きであったようです。音楽を習い始めた彼は、やがて、ジュネーブ音楽院に入学する。しかし、陶芸画家に成る事を望んでいた彼は、装飾美術の学校に入って、壁画と舞台美術を学んだ。学校を卒業すると、ジュネーブ歌劇団の舞台装置の仕事をしたり、壁画、ポスター、イラストレーションを描いたりしていたようです。その後、叔父の紹介で背景画家の仕事をフランスの映画会社で始める予定であったが、パリに着いた彼は3日もしないうちに飽きてしまい、映画会社にはいかずにパリを出てフォルネの陶器工場の支配人になったが、トラブルに巻き込まれた為、リヨンにある織物デザイン工房で、監督として働いた後、パリでアメリカ大手のシルク・カンパニーの社長に認められ、1920年代後半に妻のルイズと共にニューヨークに渡り、織物のデザイナーとして働く事となった。1930年代初期に初めての2人の作品は、自分達の子供の為に書いたものを、そのまま出版社に持ち込んだもので、1933年に出版された[Donkey-Donkey(ロバのロバちゃん)]などは、動物好きな彼の表現がよく出ている作品のように感じます。他にも[The Happy Lion(ごきげんなライオン)]シリーズ、[PETUNIA(がちょうのペチューニア)]シリーズ、[Veronica(かばのベロニカ)]シリーズなどの動物を主人公にした、彼のシリーズ作品は彼の魅力を存分に発揮している。 1948年には[White Snow Bright Snow(白い雪・明るい雪)]でコルデコット賞を受賞し、他にもおおくの作品で賞を受けています。1980年に他界しています。

通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。
  

Posted by fobook at 02:04絵本 (R)

絵本 Roger Duvoisin : THE HAPPY LION ROARS

2015年11月19日

ライオンくんの恋のお話ってとこでしょうが、シリーズを続けるのも読者にあきられないようにするのは、大変そうですね~。











roro59bL
THE HAPPY LION ROARS : Roger Duvoisin

著者 Louise Fatio
1959年(イギリス版)
26cm ×21m 32p ¥3,800 + Tax

人気シリーズごきげんなライオンから、パートナーを見つけたライオンくんのお話を描いた作品です。

状態 : カバーなし、最初と最後の見返しページに蔵書表や貸し出し用ポケットが付いており、剥がし痕があります。中のページにスタンプが押されており、薄い染み汚れや指紋汚れなどがあります。図書館が所有していた本です。

ロジャー・デュボアザン ( Roger Antoine Duvoisin )
1904年8月28日にスイスのジュネーブで生まれ。幼少期はスイスとフランスで育つ。ジュネーヴのモデルヌ大学や、装飾美術学校、パリ美術学校などで学ぶ。建築家であった父親や芸術家の親戚などの影響を受け、幼少の頃から絵を描き、7歳で音楽を学び始め、後に美術学校に通うようになったようです。幼少の頃から絵が好きで、特に動物を描くのが好きであったようです。音楽を習い始めた彼は、やがて、ジュネーブ音楽院に入学する。しかし、陶芸画家に成る事を望んでいた彼は、装飾美術の学校に入って、壁画と舞台美術を学んだ。学校を卒業すると、ジュネーブ歌劇団の舞台装置の仕事をしたり、壁画、ポスター、イラストレーションを描いたりしていたようです。その後、叔父の紹介で背景画家の仕事をフランスの映画会社で始める予定であったが、パリに着いた彼は3日もしないうちに飽きてしまい、映画会社にはいかずにパリを出てフォルネの陶器工場の支配人になったが、トラブルに巻き込まれた為、リヨンにある織物デザイン工房で、監督として働いた後、パリでアメリカ大手のシルク・カンパニーの社長に認められ、1920年代後半に妻のルイズと共にニューヨークに渡り、織物のデザイナーとして働く事となった。1930年代初期に初めての2人の作品は、自分達の子供の為に書いたものを、そのまま出版社に持ち込んだもので、1933年に出版された[Donkey-Donkey(ロバのロバちゃん)]などは、動物好きな彼の表現がよく出ている作品のように感じます。他にも[The Happy Lion(ごきげんなライオン)]シリーズ、[PETUNIA(がちょうのペチューニア)]シリーズ、[Veronica(かばのベロニカ)]シリーズなどの動物を主人公にした、彼のシリーズ作品は彼の魅力を存分に発揮している。 1948年には[White Snow Bright Snow(白い雪・明るい雪)]でコルデコット賞を受賞し、他にもおおくの作品で賞を受けています。1980年に他界しています。

通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。
  

Posted by fobook at 00:04絵本 (R)

絵本 Roger Duvoisin : Veronica and the Birthday Present

2015年11月16日

ベロニカにぺチューニア、ライオンくんなど、人気キャラクターを作りだす発想力は、どこにあるのでしょうか?











ropr71bL
Veronica and the Birthday Present : Roger Duvoisin

著者 Roger Duvoisin
1971年
26cm ×20m 29p ¥4,800 + Tax

人気シリーズカバのベロニカから、ベロニカのもとにやって来た白い子猫を描いた作品です。

状態 : カバーなし、ツルツルした図書館仕様の外観です。表紙に摩れがあり、タイトルページにスタンプが押されており、マジック線があり、シールが貼られています。中のページ下部に約1cm破れがあるページや指紋汚れなどがあります。図書館が所有していた本です。

ロジャー・デュボアザン ( Roger Antoine Duvoisin )
1904年8月28日にスイスのジュネーブで生まれ。幼少期はスイスとフランスで育つ。ジュネーヴのモデルヌ大学や、装飾美術学校、パリ美術学校などで学ぶ。建築家であった父親や芸術家の親戚などの影響を受け、幼少の頃から絵を描き、7歳で音楽を学び始め、後に美術学校に通うようになったようです。幼少の頃から絵が好きで、特に動物を描くのが好きであったようです。音楽を習い始めた彼は、やがて、ジュネーブ音楽院に入学する。しかし、陶芸画家に成る事を望んでいた彼は、装飾美術の学校に入って、壁画と舞台美術を学んだ。学校を卒業すると、ジュネーブ歌劇団の舞台装置の仕事をしたり、壁画、ポスター、イラストレーションを描いたりしていたようです。その後、叔父の紹介で背景画家の仕事をフランスの映画会社で始める予定であったが、パリに着いた彼は3日もしないうちに飽きてしまい、映画会社にはいかずにパリを出てフォルネの陶器工場の支配人になったが、トラブルに巻き込まれた為、リヨンにある織物デザイン工房で、監督として働いた後、パリでアメリカ大手のシルク・カンパニーの社長に認められ、1920年代後半に妻のルイズと共にニューヨークに渡り、織物のデザイナーとして働く事となった。1930年代初期に初めての2人の作品は、自分達の子供の為に書いたものを、そのまま出版社に持ち込んだもので、1933年に出版された[Donkey-Donkey(ロバのロバちゃん)]などは、動物好きな彼の表現がよく出ている作品のように感じます。他にも[The Happy Lion(ごきげんなライオン)]シリーズ、[PETUNIA(がちょうのペチューニア)]シリーズ、[Veronica(かばのベロニカ)]シリーズなどの動物を主人公にした、彼のシリーズ作品は彼の魅力を存分に発揮している。 1948年には[White Snow Bright Snow(白い雪・明るい雪)]でコルデコット賞を受賞し、他にもおおくの作品で賞を受けています。1980年に他界しています。

通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。
  

Posted by fobook at 02:07絵本 (R)

絵本 Roger Duvoisin : MOUSTACHIO

2015年11月14日

猪が出て来る絵本は、アメリカでは少ないような気がしますが、もともとアメリカ大陸にいなかった生き物は登場させないのかも?











romo64rbL
MOUSTACHIO : Roger Duvoisin

著者 Douglas Rigby
1947年(1964年E.M. Hale Edition)
26cm ×21m 30p ¥4,800 + Tax

フランスの田舎街を舞台に、猪狩りを請け負ったマチタチオを描いた作品です。

状態 : カバーなし、4角に少し摩れがあり、タイトルページに書き込みがあり、中のページに薄い染み汚れがあります。図書館が所有していた本です。

ロジャー・デュボアザン ( Roger Antoine Duvoisin )
1904年8月28日にスイスのジュネーブで生まれ。幼少期はスイスとフランスで育つ。ジュネーヴのモデルヌ大学や、装飾美術学校、パリ美術学校などで学ぶ。建築家であった父親や芸術家の親戚などの影響を受け、幼少の頃から絵を描き、7歳で音楽を学び始め、後に美術学校に通うようになったようです。幼少の頃から絵が好きで、特に動物を描くのが好きであったようです。音楽を習い始めた彼は、やがて、ジュネーブ音楽院に入学する。しかし、陶芸画家に成る事を望んでいた彼は、装飾美術の学校に入って、壁画と舞台美術を学んだ。学校を卒業すると、ジュネーブ歌劇団の舞台装置の仕事をしたり、壁画、ポスター、イラストレーションを描いたりしていたようです。その後、叔父の紹介で背景画家の仕事をフランスの映画会社で始める予定であったが、パリに着いた彼は3日もしないうちに飽きてしまい、映画会社にはいかずにパリを出てフォルネの陶器工場の支配人になったが、トラブルに巻き込まれた為、リヨンにある織物デザイン工房で、監督として働いた後、パリでアメリカ大手のシルク・カンパニーの社長に認められ、1920年代後半に妻のルイズと共にニューヨークに渡り、織物のデザイナーとして働く事となった。1930年代初期に初めての2人の作品は、自分達の子供の為に書いたものを、そのまま出版社に持ち込んだもので、1933年に出版された[Donkey-Donkey(ロバのロバちゃん)]などは、動物好きな彼の表現がよく出ている作品のように感じます。他にも[The Happy Lion(ごきげんなライオン)]シリーズ、[PETUNIA(がちょうのペチューニア)]シリーズ、[Veronica(かばのベロニカ)]シリーズなどの動物を主人公にした、彼のシリーズ作品は彼の魅力を存分に発揮している。 1948年には[White Snow Bright Snow(白い雪・明るい雪)]でコルデコット賞を受賞し、他にもおおくの作品で賞を受けています。1980年に他界しています。

通信販売もお受けします。
お問い合せ&購入方法は、こちらをご覧ください>>

※掲載した記事や画像の無断使用や無断転載、転売等はご遠慮ください。
  

Posted by fobook at 02:04絵本 (R)
最近の記事
このページの上へ▲